基本原則

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題294、警備業務実施上の基本原則(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題294、次の文章は、警備業務実施上の基本原則についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 警備員は、警備業務対象施設内で、明らかではないが不審と思われる人物を発見した場合、施設管理権に基づき、一般
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題293、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題293、次の文章は、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)後段です。( )の中の言葉の組み合わせが正しいものを選びなさい。 第15条 後段 (①)の(②)を侵害し、又は(③)の(④)に干渉してはならない。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題292、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題292、次の文章は、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)前段です。( )の中の言葉の組み合わせが正しいものを選びなさい。 第十五条 前段 (①)及び(②)は、警備業務を行うに当たつては、この法律により
交通誘導警備業務2級

警備業務実施の基本原則2、警備業法第15条(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅰ. 警備業務実施の基本原則に関する専門的な知識 4 基本原則 警備業法第15条 ⑴ この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意する。 *注意規定という。 ・警備業務が、公的権限を
交通誘導警備業務2級

警備業務実施の基本原則1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅰ. 警備業務実施の基本原則に関する専門的な知識 1 警備業の歴史 ・昭和39年に開催された東京オリンピック選手村の警備によってその存在が広く認識される。 ・高度成長期における企業の合理化と人手不足
交通誘導2級検定練習問題

問題106、警備員の使命と心構え(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題106 次の文章は、交通誘導警備業務に従事する警備員の使命と心構えについての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 衆人環視の中でその業務に従事し、歩行者や車両の安全を図り、事故を防止するという重大な責務を
交通誘導2級検定練習問題

問題105、警備業務実施の基本原則(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題105 次の文章は、警備業務実施の基本原則に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業法第15条は、警備業者による適正な企業運営の指針を示し、警備員及び警備業者が警備業務を安全適正に実施できる
交通誘導2級検定練習問題

問題104、警備業務実施の基本原則(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題104 次の文章は、警備業務実施の基本原則に関する文章です、正しいものを選びなさい。 ① 警察官が行う交通整理は、道路交通法に根拠があり、警備員の行う交通誘導警備業務は、道路交通法施行令および交通の方法に
交通誘導2級検定練習問題

問題103、警備業務実施の基本原則(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題103 次の文章は、警備業務実施の基本原則に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業法第15条は、「警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、この法律により特別に権限を与えられているもの
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題616、警備業法第15条、警備業務実施の基本原則(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題616 次の文章は、警備業法第15条及び、警備業務実施の基本原則についての記述です、適切なものを選びなさい。 ① 警備業務は、他人の需要に応じて行うものであるので、需要者の要望に応じて労働組合の正当な活動に干渉することができない、よって労働争議が行われている会社の施設警備業務を行うことはできない。 ② スーパーマーケットで挙動不審な買い物客に対し、疑うべき明白な理由がなくとも、携帯品の提出を求め窃取したものでないことの証明を求める行為は、依頼に基づいて依頼人のためにのみ行う、依頼者の財産を守るべき当然の行為であり、施設管理権の正当な行...
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第15条、警備業務実施の基本原則(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 警備業務実施の基本原則について (警備業務実施の基本原則) 第十五条  警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たっては、この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意するとともに、他人の権利及び自由
交通誘導2級検定練習問題

問題82、警備業法第15条(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題82 次の文章は、警備業法第15条の警備業務実施の基本原則について述べたものです、正しいものを選びなさい。 ① 「個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない」ことについて、活動を行なっている相手の行為
交通誘導2級検定練習問題

問題81、警備業務の基本的事項(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題81 次の文章は、警備業務の基本的事項についての記述です。正しいものを選びなさい。 ① 「警備業務」とは、他人の需要に応じて行う、人の生命、身体、財産等に対する事故の発生を警戒し防止する業務であり、交通誘導
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題203、警備業務実施上の基本原則(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題203 次の文章は、警備業務実施上の基本原則についての記述です、誤りを選びなさい。 ① 警備業法第15条は、警備業者及び警備員が警備業務を実施するに当たって遵守すべき基本原則を定めたものである。 ② 団体の正当な活動に干渉してはならないという意味には、労働争議等に不当に介入してはならないという意味も含んでいることから、労働争議が行われている企業等での警備業務は、一切行うことができない。 ③ 警備業法第15条前段は、警備業法により警備業者及び警備員に特別の権限が与えられているものではないことを注意的に定めたものである。 ④ 警備業...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題202、警備業務実施の基本原則(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題  問題202 次の文章は、警備業務実施の基本原則に関する記述であるが、誤りはどれか。 ① 警備業務は営利を目的として特定人の依頼に基づいて特定人のためにのみ行うもので、公共の安全と秩序の維持に当たる警察業務とはその本質を異にするものである。 ② 警備員が警備業務実施中に不審な人物を発見した場合は、私人として許される範囲内であれば質問等を行える。 ③ 現行犯逮捕した犯人の権利を侵害することは許される。 ④ 警備員は、他人の権利及び自由を侵害してはならない。 ⑤ 警備員は、他人の正当な活動に干渉してはならない。 ヒント↓↓↓...
交通誘導2級検定練習問題

問題4、交通誘導警備業務の基本(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題4 次の文章は、交通誘導警備業務の基本的な内容について述べたものです誤りを一つ選びなさい。 ① 交通誘導警備業務は特定の工事業者等との契約に基づきその依頼者のためだけに実施されることから、工事関係車両
交通誘導2級検定練習問題

問題3、警備業務の実施の基本原則(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題3 次の文章は、警備業務の実施の基本原則について述べたものです、適切でないものを一つ選びなさい。 ① 警備員は、警備業法15条によって特別に権限を与えられているものでないことに留意する必要がある。
交通誘導2級検定練習問題

問題1、警備業務の基本的原則(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題1 次の文章は警備業務の基本的原則についての記述です、正しいものを一つ選びなさい。 ① 窃盗の現行犯人を逮捕したので、直ちに取り調べを行い、盗品その他所持品を警備員が預かってから警察に通報し、警官が到
交通誘導警備業務2級

警備業法15条、後段(警備業務実施の基本原則)

交通誘導警備業務2級検定 雑踏警備業務2級検定 (警備業務実施の基本原則) 第十五条  警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意するとともに、他人の権利及び自由を侵害し
交通誘導警備業務2級

警備業法15条、前段(警備業務実施の基本原則)

交通誘導警備業務2級検定 雑踏警備業務2級検定 警備業法(昭和四十七年七月五日法律第百十七号) 第一章 総則 (警備業務実施の基本原則) 第十五条  警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、この法律により特別に権限を与えられているものでない
スポンサーリンク