スポンサーリンク

問題40、警察機関等への連絡要領(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題40
次の文章は、警察機関等への連絡要領についての記述です、誤っているものを選びなさい。

① 警備員みずからが事件事故の現場から直接連絡を行う場合、条件の許す範囲で現場に近いところから行うことが大切である。

② 緊急連絡は「拙速」より「巧遅」を心がけ、明瞭かつ詳細に伝えることが大切である。

③ 緊急連絡は、警察官等の現場到着までの間、状況の変化等、必要と思われる場合は随時追加連絡を行う。

④ 交通誘導警備現場で交通事故が発生した場合には、必要な連絡を行うとともに、負傷者の救護や二次災害防止等の措置をとる。

⑤ 「六何の原則」(5W1H)とは、1.いつ(WHEN)、2.どこで(WHERE)、3.なんびとが・だれが(WHO)、4.なにを(WHAT)、5.なぜ(WHY)、6.いかにして・どうやって(HOW)、であり特に1.〜5.が重要である。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
警察機関等への連絡要領1
警察機関等への連絡要領2

・次の問題へ→→→問題41

コメント