スポンサーリンク

問題108、警備業の歴史や意義と重要性(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題108
次の文章は、警備業の歴史や意義と重要性についての記述です、誤っているものを選びなさい。

① 警備業は近年、社会構造の複雑化、治安情勢の深刻化、国民による自主防犯活動の活発化などにより、多種多様な警備業務を展開しながら発展している。

② 「警備業務」とは、人の生命、身体、財産等に対する危害の発生を警戒し、防止する業務であり、必ずしも他人の需要に応じて行う業務である必要はない。

③ 昭和39年に開催された東京オリンピック選手村の警備によってその存在が広く認識される。

④ 高度成長期における企業の合理化と人手不足の時代を背景とし、各種施設の防犯防災業務、道路上での危険を防止するための交通誘導業務、貴重品等の運搬中の盗難防止、ボディガードなどの分野で急速に発展した。

⑤ 地域社会における犯罪抑止機能の低下が進む中、社会全体の防犯機能を強化していくために、今後も警備業の果たす役割は重要性を増していくものと考えられる。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
警備業法1、目的、定義(交通2級)
警備業務の基本的事項
警備業法 第2条 その1

・次の問題へ→→→問題109

コメント