スポンサーリンク

交通誘導警備業務・2級検定練習問題13、警備業法の目的と定義

交通誘導警備業務

2級検定練習問題13、警備業法の目的と定義

次の文章は、警備業法の目的と定義に関する記述です、正しいものを選びなさい。

  1. 警備業法は、警備業務の実施につき、公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ、業務の真相を明らかにし、警備業法令を適正且つ迅速に適用実現することを目的とする。
  2. 「警備業務」とは、他人との契約に基づき、他人のために行う業務、自己のために自己の業務として行う業務を警備業務という。
  3. 警備業法において「警備員」とは、警備業者の使用人その他の従業者で警備業務に従事するものをいう。
  4. 興行場、駐車場、遊園地等における盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務は雑踏警備業務である。
  5. 人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務を1号警備業務という。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

法令に関することⅠ、警備業法1(交通2級)

警備業法

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→交通誘導警備業務・2級検定練習問題14

コメント