警備業法

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その4(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (8) 警備業法 第18条(特定の種別の警備業務の実施) 第十八条 警備業者は、警備業務(第二条第一項第一号から第三号までのいずれかに該当するものに限る。以下この条並びに第二十三条第一項、第二項及び第四項において同じ。)のうち、その実施に専門的知識及び能力を要し、かつ、事故が発生した場合には不特定又は多数の者の生命、身体又は財産に危険を生ずるおそれがあるものとして国家公安委員会規則で定める種別(以下単に「種別」という。...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その3(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (6) 警備業法 第16条(服装) 第十六条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。 警備業法施行規則 (内閣府令で定める公務員) 第二十七条 法第十六条第一項の内閣府令で定める公務員は、警察官及び海上保安官とする。 警備員は、警察官の制服(出動服...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その4(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (8) 警備業法 第18条(特定の種別の警備業務の実施) 第十八条 警備業者は、警備業務(第二条第一項第一号から第三号までのいずれかに該当するものに限る。以下この条並びに第二十三条第一項、第二項及び第四項において同じ。)のうち、その実施に専門的知識及び能力を要し、かつ、事故が発生した場合には不特定又は多数の者の生命、身体又は財産に危険を生ずるおそれがあるものとして国家公安委員会規則で定める種別(以下単に「種別」と...
スポンサーリンク
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その3(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (6) 警備業法 第16条(服装) 第十六条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。 警備業法施行規則 (内閣府令で定める公務員) 第二十七条 法第十六条第一項の内閣府令で定める公務員は、警察官及び海上保安官とする。 警備員は、警察官の制服(...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その2(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (5) 警備業法 第14条 警備業法(警備員の制限) 第十四条 十八歳未満の者又は第三条第一号から第七号までのいずれかに該当する者は、警備員となってはならない。 2 警備業者は、前項に規定する者を警備業務に従事させてはならない。 ◎警備員として警備業務に従事することができない者。 18歳未満の者。 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者。 禁錮以上の刑に処せられ、又は...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その2(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 (5) 警備業法 第14条 警備業法(警備員の制限) 第十四条 十八歳未満の者又は第三条第一号から第七号までのいずれかに該当する者は、警備員となってはならない。 2 警備業者は、前項に規定する者を警備業務に従事させてはならない。 ◎警備員として警備業務に従事することができない者。 18歳未満の者。 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者。 禁錮以上の刑に処せられ、...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その1(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定用警備業法の、第1条から第4条までの要点のまとめ
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅠ、警備業法その1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定用警備業法の、第1条から第4条までの要点のまとめ
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題308、警備業法第一六条(服装)、第一七条(護身用具)(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題308 次の文章は、警備業法第一六条(服装)、第一七条(護身用具)についての文章です、誤ってはいないものを選びなさい。 ① 警備員の服装は、色、又は標章により一般通常人が一見して警察官の制服、警察官の出動服、海上保安官の制服と明確に識別できなければならない。 ② 警備員が携帯する護身用具は、携帯することにより人に著しく不安を覚えさせるおそれがなく、かつ、人の身体にまったく害を加えることがないものでなければならない。 ③ 警戒じょうは、その形状が円棒であって、長さが90センチメートルを超え150センチメートル以下のものである。 ④...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題307、警備業法第一五条(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題307 次の文章は、警備業法第一五条に関連する記述です、適切ではないものを選びなさい。 ① 警備業者及び警備員は、警備業務を行う場合、警備業法で特別に権限を与えられているわけではない。 ② 警備業者及び警備員は、警備業務を行う場合、他人の権利及び自由を侵害してはならない。 ③ 警備業者及び警備員は、警備業務を行う場合、個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない。 ④ 警備業務対象施設内等において、不審人物を発見した場合は、施設管理権に基づき、私人として許される範囲内での質問等を行える。 ⑤ 現行犯人を逮捕した場合、犯...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題306、警備業法、警備員の制限(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題306 次の文章は、警備業法、警備員の制限についての記述です誤っていないものを選びなさい。 ① 暴力団の構成員であっても、アルコール、麻薬、大麻、アヘン、覚醒剤の中毒者でなければ、警備員になれる。 ② その程度にかかわらず、アルコール中毒者は警備員になれない。 ③ 懲役の刑に処せられた日から起算して、3年を経過した者は、警備員になれる。 ④ 18歳未満であっても、そのものが警備業者の相続人であって、その法定代理人が警備業法第3条第1号から7号のいずれにも該当しない場合は、警備員になれる。 ⑤ 成年被後見人であっても、警備業...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題305、警備業法、第1条(目的)第2条(定義)(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題305 次の文章は、警備業法、第1条(目的)第2条(定義)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業法の目的は、警備業務の実施の適正を図ること、すなわち、警備業務の実施に伴う違法又は不当な事態の発生を防止し、あわせて、警備業務の適切な実施を促進することにある。 ② 警備業法において「警備業務」とは、法第2条第1項の各号のいずれかに該当する業務であつて、他人の需要に応じて行うものをいう。 ③ 第二号の人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務は保安警備業務...
交通誘導2級検定練習問題

問題122、警備業法第十四条(警備員の制限)(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題122 次の文章は、警備業法第十四条(警備員の制限)についての記述です、正しいものを選びなさい。 ① アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚醒剤の中毒者で、医師の診断を受けているものは警備員になれる。
交通誘導2級検定練習問題

問題121、警備業法第3条(警備業の要件)(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題121 次の文章は、警備業法第3条(警備業の要件)第1項の第1号から第7号です( )内に当てはまる文言の正しい組み合わせを選択肢の中から選びなさい。 第三条 次の各号のいずれかに該当する者は、警備業を営ん
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題293、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題293、次の文章は、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)後段です。( )の中の言葉の組み合わせが正しいものを選びなさい。 第15条 後段 (①)の(②)を侵害し、又は(③)の(④)に干渉してはならない。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題292、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題292、次の文章は、警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)前段です。( )の中の言葉の組み合わせが正しいものを選びなさい。 第十五条 前段 (①)及び(②)は、警備業務を行うに当たつては、この法律により
交通誘導2級検定練習問題

問題120、警備業法の目的及び定義(交通2級)

2級検定練習問題 問題120 次の文章は、警備業法の目的及び定義についての記述です、( )内に当てはまる文言の正しい組み合わせを選択肢の中から選びなさい。  警備業法の目的は、(ア)について必要な規制を定め、もつて警備業務の(イ)を図ることであり
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題409

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 問題文の数字をクリックすれば答えが表示されます。 下の、◉◉◉答えはここをクリック◉◉◉を、クリックしても従来通り答えが表示されます。 問題409 次の文章は、警備業法第17条の条文です
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題408

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 問題408 次の文章は、警備業法第16条の条文とそれに関する文章です、( )内に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。 (服装) 第十六条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつて
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題406

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 問題406 次の文章は、警備業法第14条と第3条の条文です、( )内に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。 (警備員の制限) 第十四条 ( ① )の者又は第三条第一号から第七
警備業法穴埋め問題

2級検定、警備業法穴埋め問題405

交通誘導警備業務、雑踏警備業務、共通 2級検定穴埋め問題 次の文章は、警備業法第4条の条文です、( )内に当てはまる言葉を選択肢の中から選びなさい。 ( ③ ) 第四条 ( ① )を営もうとする者は、前条各号のいずれにも該当しないことについて
交通誘導警備業務2級

警備業法2、警備員の制限、制服その他(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) ◎法令に関すること Ⅰ. 警備業法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 ③ 警備業の要件と認定 (警備業の要件) 第三条 次の各号のいずれかに該当
交通誘導警備業務2級

警備業法1、目的、定義(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 ◎法令に関すること Ⅰ. 警備業法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 1 警備業法 *昭和47年7月制定公布、同年11月1日施行。 *以降、社会情勢の変化に応じ改正を重ね現在に至る。
スポンサーリンク