服装

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題123、警備業法第十六条(服装)(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題123 次の文章は、警備業法第十六条(服装)についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 内閣府令で定める公務員とは、警察官、海上保安官のことである。 ② 明確に識別することができる服装とは、
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題618、警備業法第16条、服装(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題618 次の文章は、警備業法第16条、服装について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業者の名称を表示した標章(60平方センチ メートル以上のもの)を上衣の胸部、上腕部のいずれかに付けることが望ましい。 ② 保安警備業務及び身辺警備業務のように私服を用いて警備業務を実施させる場合の届出は、服装届出書の「服装」欄に私服である旨を記載する。 ③ 主たる営業所の所在する当該都道府県以外の区域において、継続して警備業務を行う期間が30日以内で、かつ、従事させる警備員が1日につき5人以内である警備業務については、服装の届...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題617、警備業法第16条、服装(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題617 次の文章は、警備業法第16条、服装について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業務を行うに当たっては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。 ② 警察官出動服に類似した、警備員服は認められない。 ③ 法第16条における公務員とは、警察官、海上保安官、自衛官、入国警備官などである。 ④ 届出に際し、添付する写真は、縦の長さが12センチメートル、横の長さが6セントメートルの無背景で、色彩を識別することができ...
警備員指導教育責任者2号業務

警備業法第16条、服装(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 服装について (服装) 第十六条  警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たっては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題217、警備業者及び警備員の服装及び護身用具(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題217 次の文章は、警備業者及び警備員の服装及び護身用具についての記述です、適切でないものを選びなさい。 ① 「明確に識別することができる服装」とは、一般通常人が一見して警察官等と誤認しない程度に異なっている服装のことである。 ② 公営競技場で部隊を編成して警備業務を行う場合は、警備員は警戒棒及び警戒杖を携帯してはならない。 ③ 「明確に識別することができる服装」の具体的な内容は、服装の色彩が明らかに異なっている、服装の型式が明らかに異なっている、警備員であることを示す相当程度の大きさの標章を見やすい場所につけていることのい...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題216、警備業者及び警備員の服装及び護身用具(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題216 次の文章は、警備業者及び警備員の服装及び護身用具についての記述です、正しいものを一つ選びなさい。 ① 内閣府令で定める公務員とは、警察官、消防吏員又は海上保安官のことである。 ② 護身用具については、都道府県公安委員会は、公共の安全を維持するため必要があると認めるときは、国家公安委員会規則によって、その携帯を禁止し、又は制限することができる。 ③ 警備業者及び警備員は、部隊を編成するなど集団の力を用いて警備業務を行う場合は、警戒棒及び警戒じょうを携帯してはならない。ただし、競輪場等の公営競技場において警備業務を行う場...
交通誘導2級検定練習問題

問題6、服装及び護身用具(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題6 次の文章は、警備業者及び警備員の服装及び護身用具についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 「明確に識別することができる服装」とは、一般通常人が一見して警察官等と誤認しない程度に異な
交通誘導2級検定練習問題

問題5、服装及び護身用具(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題5 次の文章は、警備業者及び警備員の服装及び護身用具についての記述です、正しいものを一つ選びなさい。 ① 警備員は、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、概ね識別
交通誘導警備業務2級

警備業法第16条

(服装) 第十六条  警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、内閣府令で定める公務員の法令に基づいて定められた制服と、色、型式又は標章により、明確に識別することができる服装を用いなければならない。 (第2項、第3項は省略) ・法第
スポンサーリンク