スポンサーリンク

問題55、警備員の制限(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題55
次の文章は、警備員の制限(警備業法第14条)についての記述です、正しいものを選びなさい。

① 成年被後見人は警備員になれないが、被保佐人であれば警備員になることができる。

② 18歳未満の者は、一定の要件を満たしていれば警備業者にはなれるが、警備員になることはできない。

③ 麻薬、覚醒剤の中毒者は警備員にはなれないが、軽度のアルコール中毒者であれば警備員になることができる。

④ 未成年者は、警備員になれない。

⑤ 警備業法に違反して、罰金刑の言い渡しを受けた日から起算して3年間を経過した者は警備員になることができる。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
警備業法第14条
警備業法第3条 その1
答えは下の方にあります。

スポンサーリンク


・次の問題へ→→→問題56

コメント