スポンサーリンク

問題138、道路交通法、道路外に出る場合(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題138
次の文章は、道路交通法、道路外に出る場合の方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。

① 車両は、道路外に出るため左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、徐行しなければならない。

② 車両は、道路外の施設に出入りするため歩道等を横断するときは、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げてはならない。

③ 「あらかじめその前から」とは、その車両が左折又は右折しようとしていることを他の車両等に十分に認識させるため、合理的に判断して必要と考えられる時点からである。

④ 徐行義務は、道路の側端による場合についてのみ課せられたものではなく、車両は左折、右折を完了して道路外へ出るまで、徐行を継続しなければならない。

⑤ 車両は、道路外に出るため右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央(当該道路が一方通行となっている場合は、当該道路の右側端)に寄り、かつ、一時停止しなければならない。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
道路交通法5、車両等の通行方法(交通2級)
道路交通法第25条(道路外に出る場合の方法)

・次の問題へ→→→問題139

コメント