道路交通法

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題145、道路交通法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題145次の文章は、道路交通法についての記述です、それぞれの状況について妥当なものを選びなさい。 ① 車で片側1車線の道路を走行中、進行方向右側道路脇のコンビニに入る時、歩行者や他の車の正常な交通を妨害す
交通誘導2級検定練習問題

問題144、道路交通法(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題144 次の文章は、道路交通法についての記述です、誤っていないものを選びなさい。 ① 交差点又はその付近において、一方通行道路で左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げる場合は、車両は、道路の右側に寄って
交通誘導2級検定練習問題

問題143、駐車を禁止する場所(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題143次の文章は、道路交通法第45条の駐車を禁止する場所についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 消火栓、指定消防水利の標識が設けられている位置又は消防用防火水槽の吸水口若しくは吸管投入
スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題139、道路交通法、交差点(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題139次の文章は、道路交通法、交差点における他の車両等との関係等について述べたものです、正しいものを一つ選びなさい。 ① 交差点又はその附近において緊急自動車が接近してきたとき、車両は、左側に寄つて一時停
交通誘導2級検定練習問題

問題138、道路交通法、道路外に出る場合(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題138次の文章は、道路交通法、道路外に出る場合の方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 車両は、道路外に出るため左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ
交通誘導2級検定練習問題

問題137、道路交通法、道路外に出る場合(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題137次の文章は、道路交通法、道路外に出る場合の方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 車両は、道路外に出るため左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端により、かつ、
交通誘導2級検定練習問題

問題136、道路交通法の目的(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題136次の文章は、道路交通法の目的についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 交通の安全を図ること。 ② 交通の円滑を図ること。 ③ 道路における危険を防止すること。
交通誘導警備業務2級

道路交通法8、車両等の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ④ 車両等の通行方法 第44条(停車及び駐車を禁止する場所) ⑴ 交差点、横断歩道、自転車横断帯
交通誘導警備業務2級

道路交通法7、車両等の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ④ 車両等の通行方法 第38条(横断歩道等における歩行者等の優先) ⑴ 車両が、横断歩道に接近した時
交通誘導警備業務2級

道路交通法6、車両等の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ④ 車両等の通行方法 第36条(交差点における他の車両等との関係等) ◎交通整理の行われていない交差点
交通誘導警備業務2級

道路交通法5、車両等の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ④ 車両等の通行方法 第25条(道路外に出る場合の方法) 
⑴ 道路外に出るため左折する時
・あらかじめ
交通誘導警備業務2級

道路交通法4、車両等の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ④ 車両等の通行方法 ☆第17条(通行区分) ⑴ 車両は、歩道等と車道の区別のある道路では車道を通行
交通誘導警備業務2級

道路交通法3、歩行者の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ③ 歩行者の通行方法 第12条(横断の方法) ⑴ 歩行者が、道路を横断しようとするとき ・横断歩道がある
交通誘導警備業務2級

道路交通法2、歩行者の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ③ 歩行者の通行方法 ☆第10条(通行区分) ⑴ 歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯と車道の
交通誘導警備業務2級

道路交通法1、目的、定義(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 道路交通法その他交通誘導警備業務の実施に必要な法令に関する専門的な知識 1 道路交通法 ① 目的(第1条) ・道路における危険を防止し、その他交通の安全を図ること。 ・交通の円滑を図ること。
交通誘導2級検定練習問題

問題89、道路交通法、他の車両等との関係、歩行者等の保護(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題89 次の文章は、交差点における他の車両等との関係と横断歩道における歩行者等の保護について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは
交通誘導2級検定練習問題

問題88、道路交通法、歩行者等の優先(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題88 次の文章は、道路交通法第38条、横断歩道等における歩行者等の優先についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 車両等が、横断歩道等に接近する場合は、歩行者又は自転車がないことが明らかな場
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題242、道路交通法第77条、道路の使用の許可(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題242、次の文章は、道路の使用の許可について述べたものです、誤っているものを選びなさい。 ① 雑踏警備現場において場所を移動しないで、道路に露店、屋台店その他これらに類する店を出そうとする者は、道路使用許可
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題241、道路交通法第6条、第7条、第36条、交通整理(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題241 次の文章は、道路交通法における交差点及び交通整理に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 車両等は、前方で交差する道路の幅員が通行している道路の幅員よりも明らかに広いときは、交差点を通行する際、徐行しなければならない。 ② 信号機が設置されている交差点であっても、黄色や赤色の点滅信号だけになっている交差点は、交通整理が行われていない交差点である。 ③ 本来は信号機等がなく、事故により一時的に警察官等が手信号により交通整理を行っている交差点は、「交通整理が行われていない交差点」である。 ④ 道路を通行する歩行者又...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題240、道路交通法第17条、第25条、第38条(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題240 次の文章は、道路交通法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 児童又は幼児が施設に通うため道路を通行している場合、誘導、合図その他適当な措置をとることが必要と認められる場所は、警察官等その他その場所に居合わせた者は安全に道路を通行することができるように努めなければならない。 ② 高齢又は、身体の障害のある歩行者等その通行に支障のあるものが道路を横断し、又は横断しようとしている場合、警察官等その他その場所に居合わせた者は、誘導、合図その他適当な措置をとることにより安全に道路を横断することができるように努めなければならない。...
交通誘導2級検定練習問題

問題87、道路交通法、歩行者の通行方法(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題87 次の文章は、道路交通法における歩行者の通行方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「歩行者用道路」とは、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等によって表示されている道路であり「歩行者天国」「通学道路」などである。 ② 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、右側、左側いずれの側の歩道等を通行することができる。 ③ 歩行者用道路又はその構造上車両等が入ることができないこととなつている道路を通行する歩行者は、道路の右側に寄つて通行しなければならない。 ④ 歩...
交通誘導2級検定練習問題

問題86、道路交通法第2条、定義(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題86 次の文章は、道路交通法第2条、定義についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「駐車」とは、車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により五分を超えて継続的に停止すること、又は車両等が停止し、かつ、運転者がその車両を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。 ② 「進行妨害」とは、車両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するため他の車両等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなるおそれがあるときに、その進行を継続し、又は始めることをいう。 ③ 「徐行」とは...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題239、道路交通法、歩行者(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題239 次の文章は、道路交通法における歩行者が道路を横断する場合についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 歩行者が道路を横断しようとする場合、その附近に横断歩道がある場所では、横断歩道によつて道路を横断することが望ましい。 ② 「横断歩道がある場所の附近」とは、おおむね横断歩道から20mないし50m程度の距離にある場所である。 ③ 歩行者は斜めに道路を横断してはならない、ただし、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合はこの限りではない。 ④ 横断歩道によつて道路を横断すると...
スポンサーリンク