スポンサーリンク

問題147、交通誘導警備業務用資機材の種類、機能及び使用方法(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題147
交通誘導警備業務用資機材の種類、機能及び使用方法についての記述である、妥当なものを選びなさい。

① 交通流に対面する起点側の保安用資機材は、隙間なく並べて仕切るが、対面しない側(中央線上等)の保安用資機材は、適当な間隔を空けて配列してもよい。

② 保安用資機材の設置は、進行方向の逆の地点(終点側)から始め、撤去する場合は、 通行する車両の進行方向(起点側)から行う。

③ 夜間は、回転灯や内照式セフティコーン、スポット照明灯等、反射加工を施した保安用資機材を設置する。

④ クッションドラム内には水袋又は砂袋が入っており、縦方向に厚く設置することによって、車両等の衝突時の衝撃を級和する。

⑤ 工事用信号機は、公安委員会が法令によって設置するものとは異なり、あくまでも道路工事等の施工業者が安全を期すために任意に設置するものである。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
交通誘導警備業務用資機材の種類、機能及び使用方法1(交通2級)
交通誘導警備業務用資機材の種類、機能及び使用方法3・保安用資機材の設置(交通2級)

・次の問題へ→→→問題148

コメント