スポンサーリンク

問題152、合図実施上の留意点(交通2級)

交通誘導警備業務
2級検定練習問題
問題152
次の文章は、合図実施上の留意点の合図の確実な伝達方法についての記述です、適切でないものを選びなさい。

① 合図を行う場合は、誘導する車両の運転者に注目して、大きい動作で、運転者に素早く行う。

② 誘導する車両の運転者や他の車両の運転者から警備員がよく見えて、車両に接触するおそれのない位置で合図を行う。

③ パワーショベル等は、急に旋回、前進、後退することがあるので、常に安全な距離を保ち、運転者が合図を確認できる位置で誘導する。

④ 自己流の合図や不必要な動作は、相手を困惑させ、正確に伝わらないので、動作や警笛の吹鳴は、正しく基本通りに行う。

⑤ ー般車両の運転者が警備員の合図を十分に認識し、余裕を持って対応できるよう、ー般車両から工事現場までの距離やー般車両の速度を考えて合図、誘導を行う。

ヒント↓↓↓
◎この問題の関連記事
合図実施上の留意点・合図の確実な伝達方法(交通2級)

・次の問題へ→→→問題153

コメント