スポンサーリンク

問題634、警備員指導教育責任者制度

警備員指導教育責任者

基本編練習問題

問題634

次の文章は、警備員指導教育責任者制度についての記述です、誤っているものを選びなさい。

  1. 公安委員会は、警備員指導教育責任者資格者証の交付を受けた者が、欠格事由に該当するに至った場合、警備員指導教育責任者資格者証の返納を命ずることができる。
  2. 公安委員会は、警備員指導教育責任者資格者証の交付を受けた者が、偽りその他不正の手段により警備員指導教育責任者資格者証の交付を受けたと認めたときは、警備員指導教育責任者資格者証の返納を命ずることができる。
  3. 公安委員会は、警備員指導教育責任者資格者証の交付を受けた者が、警備業法等の規定に違反し、その情状が警備員指導教育責任者として不適当であると認められるときは、警備員指導教育責任者資格者証の返納を命ずることができる。
  4. 指導教育責任者資格者証の返納命令書の交付を受けた者は、その交付の日から十日以内に、当該指導教育責任者資格者証を当該返納命令書を交付した公安委員会に返納しなければならない。
  5. 警備業者は、五年ごとに、警備員指導教育責任者に選任した者に、公安委員会が国家公安委員会規則で定めるところにより行う警備員の指導及び教育に関する現任指導教育責任者講習を受けさせなければならない。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

警備業法第22条、警備員指導教育責任者(指教責基本)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→問題635

コメント