救急蘇生法

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

問題174、救急蘇生法、応急手当(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題174 次の文章は、救急蘇生法の意義と重要性、その概要、負傷者等の搬送要領及び応急手当の概要に関するものです、正しいものを選びなさい。 ① 誰かが突然倒れるところを目撃したり、倒れているところを発見した場合は、すぐに傷病者、負傷者の元に駆け寄り救護活動を開始する。 ② 救急蘇生法を行う場合、傷病者を助けることが最も優先される。 ③ 胸骨圧迫は可能な限り中断せずに、絶え間まなく行い、圧迫のテンポは1分間に90~100回である。 ④ 応急手当は、反応がない負傷者に対して一般の人がその悪化を回避することを目的に行う最小限の諸...
交通誘導2級検定練習問題

問題172、救急蘇生法(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題172 次の文章は、救急蘇生法の意義と重要性、その概要に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 呼吸状態の確認は、胸と腹部の動き(呼吸をするたびに上がったり下がったりする)を見て、胸と腹部が動いていなければ、呼吸が止まっていると判断する。 ② 呼吸状態の確認は、呼吸の観察には10秒以上かけない。約10秒かけても判断に迷う場合は、心停止とみなす。 ③ 胸骨圧迫は、胸の左右の真ん中に「胸骨」と呼ばれる縦長の平らな骨があり、圧迫するのはこの骨の上半分であり、傷病者の胸が約5cm沈み込むように強く、速く圧迫を繰...
交通誘導2級検定練習問題

問題171、救急蘇生法(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題171 次の文章は、救急蘇生法の意義と重要性、その概要に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 誰かが突然倒れるところを目撃したり、倒れているところを発見した場合は、まず周囲の状況が安全かどうかを確認する。 ② 自分自身の安全を確保することよりも、まず傷病者を安全に助けることが優先される。 ③ 一次救命処置は、AEDや感染防護具などの器具を用いて行うが、特別な資格がなくても誰でも行うことができる。 ④ 反応を確認するには、耳元で負傷者の氏名を呼んだり話しかけながら、軽く肩を叩く。 ⑤ 呼吸の確認は、胸...
交通誘導2級検定練習問題

問題170、救急蘇生法(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題170 次の文章は、救急蘇生法の意義と重要性、その概要に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 警備業務はその業務の性格上、一般の人に比べて事件、事故等による負傷者に遭遇する可能性が大きい。 ② 警備員は負傷者に対し適切な措置をとることが社会的に期待される立場にあり、日頃から救急蘇生法について正しい知識と技能の向上に努め、不測の事態に備える必要がある。 ③ 一次救命処置(BLS)とは、心臓や呼吸が止まってしまった人を助けるために心肺蘇生を行ったり、AEDを使ったりする緊急の処置のことを指す。 ④ 「救命の連鎖」は、...
警備員指導教育責任者2号業務

救急蘇生法2(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ◎傷病者に遭遇したときの留意事項 *現場状況の観察(二次災害の防止) ・周囲の状況が安全かどうかを確認、自分自身の安全を確保することは傷病者を助けることよりも優先される。 *傷病者の観察(反応の確認)
警備員指導教育責任者2号業務

救急蘇生法1(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 ◎救急蘇生法と警備員 ・救急蘇生法とは、容態が急変した人の命を守るために必要な知識と手技(技能)のこと。 ・警備業務はその業務の性格上、一般の人に比べて事件、事故等による負傷者に遭遇する可能性大。 ・警備員は負傷者に
交通誘導警備業務2級

救急蘇生法の意義と重要性(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) Ⅱ. 事故の発生時における負傷者の救護及び道路における危険の防止のための措置を行うため必要な事項に関する専門的な知識 1 救急蘇生法の意義と重要性 ・警備業務はその業務の性格上、一般の人に比べて
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題272、救急蘇生法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題272、次の文章は、救急蘇生法における負傷者の状態を把握するための確認事項についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 負傷者の緊急連絡先 ② 出血、顔色、体温 ③ 負傷原因の聴取 ④ 負傷者の性別、年齢
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題271、救急蘇生法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題271、次の文章は、救急蘇生法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① AEDとは自動体外式除細動器のことを言い、音声ガイダンスに従って操作することによって、心臓の状態を自動的にAEDが判断して、電気シ
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題270、救急蘇生法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題270、次の文章は、救急蘇生法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「救急蘇生法」とは、傷病者の治療法ではなく医師の手当てを受けるまでの間、病状を悪化させないための一時的手当を行う方法である。
交通誘導2級検定練習問題

問題42、救急法の意義と重要性(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題42 次の文章は、救急法の意義と重要性についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 「救急蘇生法」とは、傷病者を医師の手当てを受けるまでに病状を悪化させないための治療行為のことである。
スポンサーリンク