軽犯罪法

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題343、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題343 次の文章は、軽犯罪法に関する文章です、妥当でないものを選びなさい。 国民が日常生活を営むために必要な最低限の道徳規律を定め、違反した場合に刑罰の対象としたのが軽犯罪法である。 軽犯罪法とは、これらの最低限の道徳規律を定め、違反した場合には比較的軽微な刑罰を科すものとして刑法とは別に規定したもの。 軽犯罪法は軽微な罪を規定しているものであり、その行為をしている者を直ちに現行犯逮捕することはできない。 雑踏警備業務に従事する警備員は、軽犯罪法に抵触する行為を発見した場合には、独断で処理することなく、警備隊本部へ連絡して指示を受け...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、軽犯罪法3(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎ 軽犯罪法 ⑸ 火気濫用の罪(第9号)  【条文】相当の注意をしないで、建物、森林その他燃えるような物の附近で火をたき、又はガソリンその他引火し易い物の附近で火気を用いた者 火災発生につながる危険な行為を未然に防止することを目的としている。 「相当の注意をしないで」とは、通常であれば、事前に当然払われるべき注意をせず、ということである。例えば、消火用としての十分な水を用意せず、可燃性のある場所、物の付近でたき火をする行為などをいう。 本号に違反して、火災を発生させた場合には、失火罪(刑法第...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題342、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題342 次の文章は、軽犯罪法に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 軽犯罪法とは、最低限の道徳規律を定め、違反した場合には比較的軽微な刑罰(拘留又は科料)を科すものとして刑法に規定したものである。 火災等の場合に、正当な理由なく公務員、警察官等の指示や協力要請に従わなかった場合は、「変事非協力の罪」に該当する。 軽犯罪法は軽微な罪を規定しているものであり、その行為をしている者を直ちに現行犯逮捕することはできない。 潜伏の罪とは、人が住まず、管理もしていない建造物や船の内部に正当な理由がなく隠れる行為が処罰対象となる。 ...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題341、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題341 次の文章は、軽犯罪法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 国民が日常生活を営むために必要な最低限の道徳規律を定め、違反した場合に刑罰の対象としたのが軽犯罪法である。 ② 軽犯罪法に該当する行為を行ったものは、拘留又は科料に処せされる。 ③ 警備員は、その業務実施中に軽犯罪法に該当する行為を発見した場合は、いずれ大きな犯罪につながるおそれもあることに留意し、安易に黙認してはならない。 ④ 軽犯罪法は軽微な罪を規定しているものであるが、その行為をしている現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを直ちに現行犯逮捕することができる...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅧ、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第2節 道路交通法、軽犯罪法その他雑踏警備業務の必要な法令に関する専門的な知識 軽犯罪法 ◎ 概略的知識 国民が安全かつ安心な日常生活を営むためには、最低限度の道徳規律を遵守し維持していく必要がある。 軽犯罪法とは、これらの最低限の道徳規律を定め、違反した場合には比較的軽微な刑罰(拘留又は科料)を科すものとして刑法とは別に規定したもの。 ◯ 雑踏警備業務を行ううえで密接に関係するもの 第1号、潜伏の罪 人が住んでおらず、かつ看守していない邸宅、建物又は船舶に正当な理由がなく...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、軽犯罪法2(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎ 軽犯罪法 ⑴ 潜伏の罪(第1号) 【条文】人が住んでおらず、且つ、看守していない邸宅、建物又は船舶の内に正当な理由がなくてひそんでいた者 刑法第130条(住居侵入等)の住居侵入罪には該当しないが、人の平穏を害する罪に該当することから罰することとしたもの。 実質的には住居侵入罪の補充的な意味を有する。 ⑵ 凶器携帯の罪(第2号)  【条文】正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者 正当な理由が...
警備員指導教育責任者2号業務

2号警備業務、軽犯罪法1(指教責実務)

警備員指導教育責任者2号業務 ◉2号警備業務を適正に実施するための関係法令 ◎ 軽犯罪法 国民が安全かつ安心な日常生活を営むためには、最低限の道徳規律を遵守し維持していかなければならない。 軽犯罪法により、最低限の道徳規律を定め、違反した場合には、刑罰の対象とする。 たとえ軽微な違法行為であっても、大きな犯罪につながるおそれもあり、安易に黙認することなく、その動向を見守り警備本部へ連絡するなど、適切に対処する。 軽犯罪法に違反した者に対する現行犯逮捕については、犯人の住居若しくは氏名が明らかでないとき、犯人が逃亡するおそれがあるとき以外は逮捕することができない。(刑事訴...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題244、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題244、次の文章は、次の文章は、軽犯罪法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 正当な理由がなくて合かぎ、のみ、ガラス切りその他他人の邸宅又は建物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題243、軽犯罪法(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定練習問題 問題243、次の文章は、軽犯罪法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 軽犯罪法に違反した者に対する現行犯逮捕は、刑事訴訟法第217条(軽微事件と現行犯逮捕)の規定によって制限を受ける。 ② 軽犯罪法に
雑踏警備業務2級

軽犯罪法、その3

軽犯罪法 第四条 (適用上の注意) この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあつてはならない。 ◉濫用の禁止 ○第4条は、国民の利益につながるような軽犯罪法の運用を再確認するものである。 ①軽犯罪法は、刑罰法規である一方、遵守すべき道徳規律を維持していくことによって、安全で平穏な社会を築く目的を有している。 ②社会生活上ありがちな行為に対して、形式的に本法に抵触するからといって刑罰を科せば、国民の正当な社会活動が不当に制限される人権抑圧的な要素も持っている。 ・以上...
雑踏警備業務2級

軽犯罪法、その2

軽犯罪法 *軽い類型の犯罪を規定した法律。 *最低限の道徳規律を定め、違反した場合には、刑罰の対象とした。 *軽犯罪法に違反した者に対する現行犯逮捕は、刑事訴訟法第217条(軽微事件と現行犯逮捕)の規定によって制限を受ける。 (罪) 第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。 ・「左の各号」とありますが、これは条文が縦書きで表記されているためですので次の各号と同じであります。 ・1号から34号までありますが、雑踏警備業務2級検定では、1号、2号、3号、8号、9号、13号、32号が出題範囲になっております。 ・・拘留=刑法、第十六条  拘留は、一日以上...
雑踏警備業務2級

軽犯罪法、その1

軽犯罪法 *軽い類型の犯罪を規定した法律。 *最低限の道徳規律を定め、違反した場合には、刑罰の対象とした。 *軽犯罪法に違反した者に対する現行犯逮捕は、刑事訴訟法第217条(軽微事件と現行犯逮捕)の規定によって制限を受ける。 (罪) 第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。 ・「左の各号」とありますが、これは条文が縦書きで表記されているためですので次の各号と同じであります。 ・1号から34号までありますが、雑踏警備業務2級検定では、1号、2号、3号、8号、9号、13号、32号が出題範囲になっております。 ・・拘留=刑法、第十六条  拘留は、一日以上...
スポンサーリンク