スポンサーリンク

問題650、その他の違法性阻却事由(指教責2号)

警備員指導教育責任者

基本編練習問題

問題650

次の文章は、その他の違法性阻却事由として解される行為を挙げたものです、違法性が失われず違法性を阻却されないものを選びなさい。

  1. 格闘技選手がルールの範囲内で試合中、相手に重傷を負わせた行為。
  2. 医師が外科手術で人を傷つける行為。
  3. 窃盗犯人を追いかけて盗まれた自分の財物を取り返す行為。
  4. 自殺をしたいという人の承諾を得て自殺を手伝う行為。
  5. 自ら自己の法益を侵害する行為。

ヒント↓↓↓

◎この問題の関連記事

刑法、その他の違法性阻却事由(指教責基本)

スポンサーリンク

・次の問題へ→→→問題651

コメント