憲法

スポンサーリンク
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題22、憲法第二十一条(表現の自由、集会及び結社の自由)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題22、憲法第二十一条(表現の自由、集会及び結社の自由) 次の文章は、憲法第二十一条(集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 集会とは、共同の目的を持った複数人の一時的集合、一定の場所に集合する場合のほか、 集団の行進及び示威的運動等も含む。 結社とは、共同の目的を持って、 継続的に複数人が結合している集団や団体のことである. 言論、出版その他の表現の自由とは、すべての物事に対する見方、考え方、解釈や...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題21、日本国憲法、「個人の尊重と公共の福祉」

交通誘導警備業務 2級検定練習問題21、日本国憲法、「個人の尊重と公共の福祉」 次の文章は、憲法の個人の尊重と公共の福祉に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 憲法第13条は、個人尊重主義を採用し、生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利が、立法その他の国政のうえにおいて最大の尊重を受けるという基本方針を明らかにしている。 憲法では、基本的人権が絶対無制限であり、「公共の福祉に反しない限り」という制約(客観的限界)があることを明らかにしている。 公共の福祉による制約の程度は、それぞれの自由及び権利の性格によって異なり、思想、良心の自由は「公共の福祉」の制限を受けない...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題20、日本国憲法、「国民の権利及び義務」(基本的人権)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題20、日本国憲法、「国民の権利及び義務」(基本的人権) 次の文章は、憲法、人権についての概略的知識に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 憲法は、個人の尊重を第一義としているが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではない。 基本的人権とは、人間が生まれながらにして持っていると考えられる権利で、人間が人間として生活していくうえにおいて、当然認められるべき基本的権利のことである。 憲法11条は、基本的人権の保障を一般的に宣言するとともに、平等権、自由権、社会権という性格を明らかにしている。 ...
スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題639 、憲法、基本的人権(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題639 次の文章は、憲法の基本的人権に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 憲法は、個人の尊重を第一義としており、その精神は、すべての個人を尊重することであり、一個人のみを尊重するということである。 公共の福祉による制限(制約)は、それぞれの自由及び権利の性格によって異なる。 国民は、自由及び権利を濫用してはならず、常に公共の福祉のために利用する責任がある。 自由権とは、法律に反しない限り国民各個人が国家から制約も強制もされず、自由に物事を考え、自由に行動できる権利である。 唯一、思想・良心の自由は、公共の福祉の制...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅡ、憲法2(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 2 憲法 人権についての概略的知識  警備業務を適正に実施するため、他人の権利や自由を侵害することのないよう基本的人権を正しく理解すること。  憲法は、個人の尊重を第一義としていますが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではありません。憲法とは国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るため、国を縛るための法であり、国や自治体が法律や条例を作るに当たって、そのルールが適正かどうかを憲法に定めてい...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅡ、憲法2(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 2 憲法 人権についての概略的知識  警備業務を適正に実施するため、他人の権利や自由を侵害することのないよう基本的人権を正しく理解すること。  憲法は、個人の尊重を第一義としていますが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではありません。憲法とは国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るため、国を縛るための法であり、国や自治体が法律や条例を作るに当たって、そのルールが適正かどうかを憲法に定め...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅡ、憲法1(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 2 憲法 人権についての概略的知識  警備業務を適正に実施するため、他人の権利や自由を侵害することのないよう基本的人権を正しく理解すること。  憲法は、個人の尊重を第一義としていますが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではありません。憲法とは国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るため、国を縛るための法であり、国や自治体が法律や条例を作るに当たって、そのルールが適正かどうかを憲法に定めていま...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅡ、憲法1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 2 憲法 人権についての概略的知識  警備業務を適正に実施するため、他人の権利や自由を侵害することのないよう基本的人権を正しく理解すること。  憲法は、個人の尊重を第一義としていますが、その精神は、すべての個人を尊重することであって、一個人のみを尊重するということではありません。憲法とは国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るため、国を縛るための法であり、国や自治体が法律や条例を作るに当たって、そのルールが適正かどうかを憲法に定め...
交通誘導2級検定練習問題

問題127、警備業務と密接に関係する憲法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題127次の文章は、警備業務と密接に関係する憲法についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

交通誘導2級検定練習問題

問題126、警備業務と密接に関係する憲法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題126次の文章は、警備業務と密接に関係する憲法についての記述です、正しいものを一つ選びなさい。 ① 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、憲法により保障されている。 ② 集会とは、共同の目的を
交通誘導2級検定練習問題

問題125、日本国憲法の基本的人権(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題125次の文章は、日本国憲法の基本的人権についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 憲法は、個人の尊重を第一義としている、その精神は、個人を尊重することであり、国民一個人を尊重するということである。
交通誘導警備業務2級

憲法2、基本的人権についての概略的知識(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) ◎法令に関すること 2 憲法(基本的人権についての概略的知識) ② 警備業務と密接に関係する憲法について ◎表現の自由 憲法 第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
交通誘導警備業務2級

憲法1、基本的人権についての概略的知識(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (平成30年版) ◎法令に関すること 2 憲法(基本的人権についての概略的知識) 基本的人権について 「基本的人権」とは、   ・人間が生まれながらに持っていると考えられる権利。   ・人間が人間として生活していく
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、自由権(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎自由権 ・基本的人権の分類の一つ、法律に反しない限り国民各個人が国家から制約も強制もされず、自由に物事を考え、自由に行動できる権利。 ○自由権は以下の3つに分類できる。 ①精神的自由権 思想
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、4(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎基本的人権の意義と性格 ○基本的人権の性格 ・個人の尊重と公共の福祉 日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務 第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、3(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎基本的人権の意義と性格 ○基本的人権の性格 日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務 第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、2(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎基本的人権の意義と性格 ○基本的人権の性格 日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務 第十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない
警備員指導教育責任者2号業務

憲法、基本的人権、1(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 憲法(基本的人権) ◎序論 警備業務の特殊性から、基本的人権と極めて密接な関わりを有している。 ・他人の権利、自由を侵害する等の行き過ぎや不当な行為を伴いやすい。 ・委託者と第三者との複雑多様な利害関係の中での
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題223、警備業務に関連する日本国憲法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題223 次の文章は、、警備業務に関連する日本国憲法についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 「基本的人権」とは、人間が生まれながらにして持っている権利、人間が生活してゆく上で当然認められるべき基本的権利のことである。 ② 基本的人権の「固有普遍性」とは、基本的人権は、人間として当然の天賦生来の権利であって、誰でも等しく享有する普遍的なものである。 ③ 基本的人権の「永久不可侵性」とは、基本的人権は、現在の国民ばかりでなく、将来の国民も等しく享有するもので、将来永久に侵されることがないということである。 ④ 「逮捕」と...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題222、警備業務に関連する日本国憲法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題222 次の文章は、警備業務に関連する日本国憲法についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 憲法第21条第1項は、表現の自由について、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」と規定している。 ② 憲法第28条は、「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。」と規定している。その権利の行使は、社会通念上、妥当な範囲内でなくてはならない。 ③ 憲法第31条は、「何人も、法律の定める手続きによらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない」と...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題221、日本国憲法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題221 次の文章は、日本国憲法の第三章(国民の権利及び義務)の第十一条についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 「基本的人権」とは、人間らしい生活を送る権利、すべての人間が人間であるかぎりにおいてもっている権利である。 ② 「享有」とは所有権などある一定の権利が複数の主体によって利用されている状態のことをいう。 ③ 「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。」とは、基本的人権は、人種・性別・身分等の区別に関係なく、人間であれば当然に生まれながらにして持っている権利である。 ④ 「侵すことのできない永久の権...
交通誘導2級検定練習問題

問題57、憲法の基本的人権と公共の福祉(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題57 次の文章は、 憲法の基本的人権と公共の福祉について述べたものです。正しいものを選びなさい。 ① 職業選択の自由は、公共の福祉による制約を受けない。 ② 表現の自由は、公共の福祉による制約を受けない。  ③ 海外渡航の自由は、公共の福祉による制約を受けない。  ④ 学問の自由は、公共の福祉による制約を受けない。  ⑤ 思想・良心の自由は、公共の福祉による制約を受けない。 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 公共の福祉 答えは下の方にあります。 ◉◉◉答えはここをクリック◉◉◉ ...
交通誘導2級検定練習問題

問題11、憲法の人権(交通2級)

交通誘導警備業務 2級検定練習問題 問題11 次の文章は、日本国憲法の人権についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 「基本的人権」とは、人間らしい生活を送る権利、すべての人間が人間であるかぎりにおいてもっている権利のことを言い
スポンサーリンク