刑法

スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題665、刑法、財産を害する罪(窃盗罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題665 次の文章は、窃盗罪について述べたものです、妥当ではないものを選びなさい。 店頭にある商品を懐中に納めたときは、窃盜の既遂罪である。 ホテルの宿泊客が、不法領得の意思をもって室内に飾ってあった絵を持ち帰った、これは窃盗罪に当たる。 自己の所有物であっても、他人の占有下にあるものを窃取すれば窃盗罪となる。 貼り紙もなく許可も得ない状態で、カフェなど店舗のコンセントを無断で使用して充電する行為は窃盗罪を問われる可能性がある。 少し使用したあとに返す目的で他人の自転車を使用した場合は「不法領得の意思」はないと考えられるが、...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題664、刑法、財産を害する罪(窃盗罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題664 次の文章は、刑法、財産を害する罪(窃盗罪)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 窃盗罪は、盗んだ対象が他人の占有する財物であることが必要である。 窃盗罪は、不法領得の意思(不法に自分のものにしようとする意思)があることが必要である。 スリや万引きのようにひそかに盗み取る(窃取する)行為を窃盗罪という。 「窃取する」には、他人の前で強引に奪い取る行為は含まれず、この場合は強盗になる。 窃盗の実行に着手してものを盗もうとしたが盗まなかった。これは、窃盗未遂罪が成立する。 ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題663、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題663 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)に関する記述です、妥当であるものを選びなさい。 住居侵入罪は、住居の本質的な構成部分への侵入を指すため、 無断で屋根の上へ上がる行為は、 居住部分への侵入に当たらず、住居侵入罪ではなく、軽犯罪法違反に当たる。 「人の看守する」とは、看守者がそこに現在せず、人の目による看守の必要もなく、他人の侵入を拒む趣旨の「立ち入り禁止」の立て札を立て戸締りをしただけでも住居侵入罪は成立する。 訪問販売員が商談中、強引な勧誘、販売を行なったため、居住者が契約を断り帰るように言っ...
スポンサーリンク
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題662、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題662 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(住居を侵す罪)に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 住居を侵す罪とは、正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者に対する罪である。 「邸宅」、「建造物」、「艦船」は、人が居住していなくとも看守していれば住居を侵す罪の対象となる。 「正当な理由がないのに」合鍵、のみ、ガラス切りその他、他人の邸宅又は建造物に侵入するのに使用されるような器具を隠して携帯している場合は...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題661、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(業務妨害罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題661 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(業務妨害罪)に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 威力業務妨害罪を適用するためには「威力を用いて」「業務を」「妨害した」という、3つの要件を満たしている必要がある。 「威力を用いて」とは、人の自由意思を制圧するに足りる勢力を用いることを言い、実際には自由な意思が制圧されていなくても、自由意思を制圧するに足りる勢力を示すだけで「威力」を用いたと扱われる。 「業務」とは日常的な仕事や、人が社会生活において占める地位に基づき反復・継続して行われる事務などで、経済的な性格...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題660、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題660 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪、強要罪に問われる行為をあげたものです、強要罪にならないものを選びなさい。 過度なクレームにより義務のないことを行わせた。 特定の相手に対してSNS上に「〇〇を殺す」の書き込みをした。 部下に対してのアルコールハラスメント 同僚に対してのセクシャルハラスメント 新人に対するパワーハラスメント ヒント↓↓↓ ◎この問題の関連記事 刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(指教責基本) ◉◉◉答えはここをクリック◉◉◉ 答え、2 特定の被害者やその親族...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題659、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(強要罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題659 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(強要罪)に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 強要罪は、対象本人やその親族の生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した場合に成立する。 強要罪とは、他人に暴行や脅迫などを行い、義務のないことを行わせる犯罪であるが、過度なクレームなどで、相手に義務のないことを命令したりする行為もその対象に入る可能性がある。 強要罪では、人に義務のないことを行わせる目的、あるいは権利を妨...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題657、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題657 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪、逮捕罪及び監禁罪、または両罪を問われる事例の記述です、誤っているものを選びなさい。 金を貸した相手が返そうとしないので、話し合いと称して事務所に呼び出し鍵をかけ「逃げたらどうなるか分かっているな!」などと言い、怖くて逃げだせないようにして念書にサインさせた。 目の前で犯行を犯した現行犯人を逮捕したが、暴れて逃げようとしたので数名で取り押さえ警察が来るまでの間、強引に部屋に閉じ込めて監禁した。 男は女に対して「話がつくまで返さないぞ」と脅迫した。しかし、女が逃げ出したため男は女...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題656、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題656 次の文章は、刑法、自由、平穏又は秘密を害する罪(逮捕・監禁罪)に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三ヶ月以上七年以下の懲役に処せられる。その客体が幼児、泥酔者、熟睡中のものでも対象になり得る。 「逮捕」とは、人の身体をロープなどで手足を縛り動けないようにするなど、実力で直接的に拘束し、行動の自由を奪うことである。また、自由を奪う手段には、法文上制限はなく心理的強制手段、欺罔的手段など様々である。 「監禁」とは、人を一定の限られた場所から移動することを不可能又は著しく困難にする...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題655、刑法、生命又は身体を害する罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題655 次の文章は、刑法、生命又は身体を害する罪に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 警備員の携帯することのできる警戒棒は、視覚上、危険感を抱かせるかどうかなど具体的な行為の目的如何によっては凶器にあたる場合もあると考えられる。 2人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその準備があることを知って人を集合させた場合は、凶器準備結集罪が成立する。 2人以上の者が他人の生命、身体又は財産に対し共同して害を加える目的で集合した場合において、凶器を準備して又はその...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題654、刑法、生命又は身体を害する罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題654 次の文章は、刑法、生命又は身体を害する罪に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 暴行とは、人の身体に対し不法に有形力を行使すること、有形力を行使するとは、殴る・蹴るなどの物理的な攻撃のことである。 暴行は、被害者の体への衝撃を伴う接触に限らず、人の身体の安全を害するものであり、相手にケガを与えてしまえば暴行罪に問われる。 殺人罪とは、人を殺すことを内容とする犯罪であり、故意をもって人の生命を害する行為を言う。 傷害罪とは、人の身体に傷害を負わせる、人の生理機能に障害を与えることで、毒を盛ったり、嫌がらせにより障...
交通誘導2級検定練習問題

交通誘導警備業務・2級検定練習問題25、刑法、違法性阻却事由

交通誘導警備業務 2級検定練習問題25、刑法、違法性阻却事由 次の文章は、刑法の違法性阻却事由に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 犯罪とは、社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法な行為のことである。 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合がある。この特別な事情のことを違法性阻却事由という。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題648、刑法、犯罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題648 次の文章は、刑法、犯罪に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 共同正犯とは、二人以上が共同して犯罪を実行した場合であり、すべて正犯として処罰される。 教唆犯とは、他人を教唆(他人をそそのかして一定の犯罪実行の決意をさせること)して犯罪を実行させた場合であり、正犯に準じて処罰される。 従犯とは、正犯を幇助(他人の犯罪実行行為を容易にする行為)した場合であり、従犯の刑は正犯に準じて処罰される。 従犯を教唆した者には、従犯として処罰される。 後輩の飲酒運転を制止することなく、その車に同乗した場合、飲酒運転の意思を...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題647、刑法、犯罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題647 次の文章は、刑法、犯罪に関する文章です、誤っているものを選びなさい。 構成要件に犯罪行為の主体として定められているのは人である。人とは、自然人(人間)と法人の両方を指しており法人も処罰される場合がある。 「行為の客体」とは、犯罪行為が何に向けて行われたかという目的物であり、殺人の客体は人、窃盗の客体は他人の財物である。 「保護法益(被害法益ともいう)」とは、その犯罪によって侵害される利益であり、殺人罪の保護法益は人の生命、窃盜罪の保護法益は人の財産上の利益になる。 未遂犯とは、犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった場合...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題646、刑法、犯罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題646 次の文章は、刑法、犯罪に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 犯罪は、行為でなければならない。行為が犯罪となるためには、構成要件に該当することが必要である。 構成要件に該当する行為が犯罪となるためには、その行為が法に違反すること、違法であることが必要である。 構成要件に該当する違法な行為が犯罪となるためには、その行為が有責であることが必要である。 刑法の原則は、罪を犯す意思すなわち故意による行為を処罰することである。 罪を犯す意思のない場合は、法律に過失を処罰する特別の規定のある場合に限り、例外的に処罰さ...
警備員指導教育責任者講習2号業務練習問題

問題645、刑法、犯罪(指教責2号)

警備員指導教育責任者 基本編練習問題 問題645 次の文章は、刑法、犯罪に関する記述です、妥当ではないものを選びなさい。 犯罪は行為でなければならない。行為とは作為(当該行為を行うこと)だけでなく不作為(何もしないで放置すること)も含む。 ある行為が構成要件に該当しかつ、違法であれば犯罪とされ有責も付加される。 構成要件とは、刑法その他の刑罰法規に規定する犯罪の定型、違法行為の類型である。 構成要件は、違法・有責な行為を類型化したものである、なので、構成要件を充足する行為があれば犯罪は成立する。 構成要件に該当する場合であっても、違法でない場合には犯罪を構成しない...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法2(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 緊急避難についての概略的知識 (緊急避難) ...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法2(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責(違法かつ有責)な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 緊急避難についての概略的...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法1(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 正当防衛についての概略的知識 (正当防衛)...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責(違法かつ有責)な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合がある。この様な特別な事情のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題319、刑法、正当防衛と緊急避難(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題319 次の文章は、刑法、正当防衛と緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 侵害されるおそれがあるだけの場合や、既に侵害が終ってしまった場合には、正当防衛は認められない。 ② 防衛行為が程度を超えた場合は、過剰防衛となるが刑罰の対象とはならず、それが防衛のための行為であったということが情状において考慮され、その刑は免除される。 ③ 正当防衛は、権利を防衛するため「やむを得ずにした行為」であり、防衛手段として社会通念上、相当と認められることが必要である。 ④ 刑法、第三十七条の現在の危難とは、人の生命、身体、...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題318、刑法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題318 次の文章は、刑法、違法性阻却事由に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 犯罪とは、処罰する必要性があるものだけであり、刑法で定める犯罪の構成要件に該当する違法で有責な行為である。 ② 犯罪は、社会秩序に違反し、個人や社会の利益を侵害する行為であり、それらの行為はすべて犯罪として処罰される。 ③ 違法性阻却事由とは、違法ではなくなる特別な事情をいい、正当防衛や緊急避難がある。 ④ 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するためにやむを得ずにした行為は、罰しないとされている、これを正当防衛という。 ...
交通誘導2級検定練習問題

問題129、刑法の正当防衛と緊急避難(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題129次の文章は、刑法の正当防衛と緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為のことである。
スポンサーリンク