刑法

スポンサーリンク
雑踏警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法2(雑踏2級)

雑踏備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 緊急避難についての概略的知識 (緊急避難) ...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法2(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 緊急避難についての概略的知識 (緊急避...
雑踏警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法1(雑踏2級)

雑踏警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 正当防衛についての概略的知識 (正当防衛)...
交通誘導警備業務2級

法令に関することⅢ、刑法1(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定項目 (令和版) 第2章 法令に関すること 第1節 法その他警備業務の実施の適正を確保するため必要な法令に関する専門的な知識 3 刑法 社会秩序に反し、個人や社会の利益を侵害する行為で、刑法に定める構成要件に該当する違法で有責な行為を犯罪という。 ⑴ 違法性阻却事由 刑法で定める犯罪の構成要件に該当する、法に違反する違法行為であっても、違法ではなくなる特別な事情があり、悪くない(違法とされない)場合のことを言う。 刑法には、違法性阻却事由として、正当防衛、緊急避難などが規定されている。 ◯ 正当防衛についての概略的知識 (正...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題319、刑法、正当防衛と緊急避難(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題319 次の文章は、刑法、正当防衛と緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 侵害されるおそれがあるだけの場合や、既に侵害が終ってしまった場合には、正当防衛は認められない。 ② 防衛行為が程度を超えた場合は、過剰防衛となるが刑罰の対象とはならず、それが防衛のための行為であったということが情状において考慮され、その刑は免除される。 ③ 正当防衛は、権利を防衛するため「やむを得ずにした行為」であり、防衛手段として社会通念上、相当と認められることが必要である。 ④ 刑法、第三十七条の現在の危難とは、人の生命、身体、...
雑踏警備業務2級検定練習問題

問題318、刑法(雑踏2級)

雑踏警備業務 2級検定練習問題 問題318 次の文章は、刑法、違法性阻却事由に関する記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 犯罪とは、処罰する必要性があるものだけであり、刑法で定める犯罪の構成要件に該当する違法で有責な行為である。 ② 犯罪は、社会秩序に違反し、個人や社会の利益を侵害する行為であり、それらの行為はすべて犯罪として処罰される。 ③ 違法性阻却事由とは、違法ではなくなる特別な事情をいい、正当防衛や緊急避難がある。 ④ 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するためにやむを得ずにした行為は、罰しないとされている、これを正当防衛という。 ...
交通誘導2級検定練習問題

問題129、刑法の正当防衛と緊急避難(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題129次の文章は、刑法の正当防衛と緊急避難についての記述です、誤っているものを選びなさい。 ① 正当防衛とは、急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為のことである。
交通誘導2級検定練習問題

問題128、刑法(交通2級)

交通誘導警備業務2級検定練習問題 問題128次の文章は、刑法についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。 ① 刑法上の「犯罪」とは、構成要件に該当すればすべて犯罪として処罰される。  ② 違法性阻却事由とは、刑法で定める犯罪の構成要件に
警備員指導教育責任者2号業務

刑法、犯罪2(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 刑法 ◎犯罪 ○構成要件 ・刑法、刑罰法規に規定された犯罪の類型。 (犯罪構成要件、特別構成要件など) 例えば… 刑法第二十六章 殺人の罪 (殺人) 第百九十九条 人を殺した者は、…は殺人罪の構成要件 刑法第三十六章
警備員指導教育責任者2号業務

刑法(指教責基本)

警備員指導教育責任者2号業務 刑法 ◎警備業務と犯罪 ・「事故」の中には、窃盗、傷害、不法侵入その他の犯罪によるものが含まれ、警備業務に従事する警備員は、これらの犯罪の発生に接する機会が一般人と比べて多くなるものと思われる。 ・刑法についての知識
交通誘導警備業務2級

刑法、違法性阻却事由

警備業務は、他人の需要により人の身体、生命、財産などに対する侵害を警戒し防止するという性格上、犯罪に接する機会が一般人に比べて多く、犯罪から他人または自身を守り、避ける場合もありえます。このため、刑法についての知識を持っておくことが必要とさ
スポンサーリンク